比較表 : SDVoE VS 従来のHDBaseTシステム設計

SDVoEHDBaseT
ゼロレイテンシー(遅延)配信
イメージアーティファクトなし
統合されたオーディオ、ビデオ、コントロール
既存の柔軟なスイッチングインフラストラクチャーx
コスト$$$$
デバイス数MinimalDouble
ビデオウォールx
イメージ合成x
APIによって保証されるマルチベンダー間の相互運用性x

SDVoE ― ベースシステムは、HDBaseTベースのものよりもはるかに優れたソリューションです。 SDVoEは必要なデバイスの数と、コスト削減を実現します。最も重要なことは、現在および将来のパフォーマンスと帯域幅の要件を満たすことです。

この2つのダイアグラムは、従来のHDBaseTマトリックススイッチ設計とSDVoEベースのアプローチを比較したものです。 どちらのシステムも、複数の入力の切り替え、拡張、2×2ビデオウォール、1つのマルチビューディスプレイおよびKVMによるソース制御という同じ要件を満たすように設計されています。 SDVoEシステムの設計は非常に合理化されており、従来のアプローチではデバイス数に対して半分の数しか必要としません。

HDBaseTを使用した従来のマトリックススイッチベースの設計 22台のデバイスが必要

SDVoE設計 必要なデバイスは12台のみ


この劇的なシステム設計の簡素化は、SDVoEの主な強みの1つです。 SDVoEシステムはHDBaseTシステムよりも少ないデバイスを使用するだけでなく、既存のイーサネットコンポーネントを使用するため、システム要件の規模が拡大するにつれて、特にコストが低くなります。 SDVoEシステム設計により、HDBaseT設計に比べてシステムコストが30~50%削減されます。

話題

最新情報を提供します。

SDVoE Allianceのニュースとイベントに関する最新情報をお届けします。 ニュースレターを購読してください。